ジャガーキャットフード マグネシウム

ジャガーキャットフードのマグネシウム含有量|尿路結石には

ジャガーキャットフードのマグネシウムについて

マグネシウムとはミネラルで、猫の健康を支えるうえでも必須な成分になります。

 

ジャガーキャットフードにも、もちろん含まれているのでその含有量についてお伝えしていきます。

 

ジャガーキャットフード マグネシウム

 

そして含有量の他に、猫の尿路結石についても説明していくのでご確認ください。

 

 

ジャガーキャットフードのマグネシウム含有量は

 

 

このミネラルは猫には不要と思っている方も中にはいらっしゃいますが、実際は猫に必要不可欠な成分です。

 

摂りすぎは確かに猫の体に良い影響を与えませんが、適量であれば問題はないので安心してください。

 

 

ジャガーキャットフードのマグネシウム含有量を調査した結果、

 

マグネシウム含有量は0、175%という事がわかりました。

 

これは猫の健康を支えるうえで必要な含有量となります。

 

 

そもそもマグネシウムとは、猫の歯や骨を健康に保つうえで欠かせない成分です。

 

よく猫がマグネシウムを摂りすぎると尿路結石になりやすいと言われていますが、実は問題はマグネシウムではありません。

 

 

確かに関係はしているのですが、猫が尿路結石になりやすいのはたんぱく質によるものです。

 

尿路結石について

 

マグネシウムというミネラルは猫に必須な成分です。

 

ただマグネシウムを摂り過ぎてしまい、そのうえで植物性≠スんぱく質を一緒に摂りすぎてしまう事が問題になります。

 

 

まず植物性たんぱく質とは、実は市販のフードのほとんどがそれにあたります。

 

植物性たんぱく質とは、市販のフードに含まれる「穀物」に多く含まれているんです。

 

 

猫はこの穀物から摂取される植物性たんぱく質を摂りすぎると#Aがアルカリ性に傾いてしまいます。

 

そしてそのアルカリ性となった尿がマグネシウムと混ざる事で、尿路結石となるのです。

 

ジャガーキャットフード マグネシウム

 

確かにマグネシウムは結石の材料となっていますが、だからと言って猫に不必要な栄養素ではありません。

 

先ほどお伝えした通り、猫に必須な成分です。

 

 

尿路結石のそもそもの原因は猫が植物性たんぱく質を摂る事により、尿がアルカリ性に傾いてしまうのが原因になります。

 

ですがこれがもし植物性ではなく、動物性のたんぱく質だとすると・・・

 

 

猫の尿は酸性よりになりますし、これだと尿路結石の原因にはなりません。

 

それに加え猫に一番必要な栄養素こそ、この動物性たんぱく質なのです。

 

ジャガーキャットフードには穀物は使用されておらず、動物性たんぱく質を豊富に含んでいるので尿路結石の予防にもなるフードです。

 

 

動物性たんぱく質を摂らせてあげるのが良い

 

 

ジャガーキャットフードは猫の健康を第一に考えて作られているフードです。

 

なので尿路結石の原因となる、尿がアルカリ性に傾かないように動物性たんぱく質を含んでいるんです。

 

皆さんもこの点はよく覚えておいてください。

 

もし仮に、マグネシウムの含有量だけしか考えていないと、猫の尿路結石の予防は出来ません。

 

いくらマグネシウムの摂取量を少なくしても、尿そのものがアルカリ性に傾いてしまうと意味がないんです・・・

 

×「マグネシウム量だけ控え、たんぱく質に関しては考えていない」

 

○「猫に必要な動物性たんぱく質を含んだフードを与えて、尿がアルカリ性に傾くのを防ぐ」

 

という事が大事なんです。

 

 

ジャガーキャットフードなら愛猫の健康を支え、尿路結石の予防もしていけます。

 

 

人気記事

 

ジャガーキャットフードの口コミで悪評などもチェック

 

ジャガーキャットフードのお試しモニターはこちら

 

ジャガーキャットフードの効果についてはこちら

 

ジャガーキャットフードで腎臓病の予防は出来る?