ジャガーキャットフード 対象年齢

ジャガーキャットフード対象年齢|子猫に与える際の注意点

ジャガーキャットフードの対象年齢と子猫への与え方

人間でも食べられる品質の高い原料だけを使って作られているジャガーキャットフード

 

ジャガーキャットフード 対象年齢

 

 

愛猫の健康を考える飼い主さんにだけ選ばれているジャガーキャットフードですが、

 

与えられる対象年齢と子猫に与える際の注意点などのお話になります。

 

 

 

ジャガーキャットフード対象年齢

 

ジャガーキャットフードの対象年齢ですが、これは全年齢に対応しています。

 

なので離乳食に入る子猫から老猫まで継続して与え続ける事が出来ます。

 

 

これからはキャットフードの切り替え時に迷わなくもなるので、安心して最高品質のジャガーキャットフードを愛猫に与えて行けます。

 

 

全年齢って言うけど、下は何歳からですか?

子猫が母乳以外のものを口にできるようになる時期はおよそ生後4週間目あたりからと言われています。

 

1週間前後の個体差はありますが、離乳食の目安となるのは歯が生え始めたらです。

 

なので生後4週間前後で歯が生え始めてきたらそれが離乳食に入りだすサインとなっています。

 

 

 

ジャガーキャットフードを離乳食として子猫に与えよう

 

ジャガーキャットフードは最高品質の安全性を誇るペットフードです。

 

なので離乳食として子猫にも与える事が出来ます。

 

 

離乳食として与える際は完全にふやかそう

 

離乳食に入りだす子猫にジャガーキャットフードを与える際は、いきなりそのまま出してもまだ歯がちゃんと育っていない為食べる事が出来ません。

 

 

なのでそういった場合はぬるま湯にジャガーキャットフードを浸して完全にふやかして柔らかくしてから与えるようにしましょう。

 

ジャガーキャットフード 子猫の与え方

 

 

ふやかす際はぬるま湯に1時間ほど浸しておくと中まで完全に柔らかくする事が出来ます

 

 

↓芯まで完全に柔らかくなるまでふやかします

 

ジャガーキャットフード 離乳食

 

 

1週間を目安にふやかす時間を減らしていく

 

いつまでも柔らかいドライフードを食べさせていくのは、顎の力も鍛えられない為猫の健康にも良くありません。

 

なので1週間を目処に、ふやかす時間を少しずつ減らして行きましょう。

 

 

そうして最終的にはふやかさなくてもそのままの状態で食べられるようにしていきます。

 

 

ジャガーキャットフードを離乳食として与える際は上記2点に気をつけるだけで大丈夫です。

 

 

公式サイトでは年齢別に応じて一日に与える量の目安なども記載されているので、そちらを参考に飼い猫に与えていきましょう。

 

 

 

ジャガーキャットフード 口コミ

 

 

 

ジャガーキャットフードの公式サイトはこちら