ジャガーキャットフードのカロリーや原材料|全成分はこちら

ジャガーキャットフードのカロリーや原材料|全成分はこちら

ジャガーキャットフードの原材料は?

現在国内で販売されているキャットフードの中でも最高品質を誇る事で有名なジャガーキャットフード

 

ジャガーキャットフード 原材料

 

市販の一般的なキャットフードはこれまで、とてもじゃないけど人間が口にする事が出来ない4Dミートと呼ばれる原材料が使われていました。

 

4Dミートとは

 

Dead 死んだ動物の肉
Dying 死に掛けている動物の肉
Diseased 病気にかかっている動物の肉
Disabled けがをしている動物の肉

 

(頭文字を取って4Dミートと呼ばれています。)

 

 

対するジャガーキャットフードではこういった事実と真っ向から向き合い、

 

使われている原材料は人間でも食べられる品質を指す「ヒューマングレイド」の原料だけが使われています。

 

ジャガーキャットフード 原材料

 

 

↓こちらがジャガーキャットフードの原材料一覧です。

 

骨抜きチキン・鴨生肉・乾燥チキン・乾燥鴨肉・生サーモン・生マス・じゃがいも・卵・サツマイモ・豆・チキンレバー・鶏脂・チキングレイビー・アルファルファ・豆食物繊維・サーモンオイル・ミネラル・ビタミン・クランベリー・マルベリー・ブルーベリー・りんご・トマト・オレンジ・梨・にんじん・ほうれん草・カリフラワー・マリーゴールド・海藻・朝鮮人参・緑茶・生姜・プロバイオティックス

 

 

原材料は含有量の多い順で記載されていますので、ご覧の通り主原料は紛れも無く良質な肉類が豊富に含まれている事が確認出来ます。

 

 

こうやって原材料を見ていると、高級料理を想像させるほど美味しそうな原料が並んでいるので見ていてこっちがヨダレ出ちゃうほど^^:

 

 

ジャガーキャットフードの成分分析値

 

猫は元々腎臓系を悪くしやすい動物で、特に老猫などは成分などには気をつけていかなくては行けません。

 

↓こちらはジャガーキャットフードの成分分析値です。

 

粗タンパク質 40.00%
粗脂肪 20.00%
粗繊維 3.00%
粗灰分 9.00%
エネルギー(100gあたり) 384kcal

 

 

 

 

 

ジャガーキャットフードのここがすごい!

 

普段生活をしていて、飼い猫が突然走り回ったりおかしな行動をする事がございませんか?

 

いきなり猛ダッシュをしたりする事も・・・

 

 

そういった問題行動の根底にある原因って実は血糖値が上昇する事に関係があったのです。

 

 

ジャガーキャットフード 血糖値

 

 

ジャガーキャットフードは食後の血糖値上昇を抑えるよう成分にも気を配って作られています。

 

なので食後も猫の血糖値がほとんど変わらず、いつでもリラックスした状態が続いて心地良く過ごす事が出来ます。

 

 

 

原材料・成分のまとめ

 

使われている原料は人間でも食べられるヒューマングレイドの物だけを使用。

 

成分にもこだわっており食後の血糖値上昇効果を抑制出来るので猫がリラックス出来る状態を維持出来る。

 

さらに人口添加物も自然の物で最大限代用しており、人口添加物は不要であると考えて作られている。

 

 

ジャガーキャットフード 口コミ

 

 

↓ジャガーキャットフードが優れている点はこちらの公式サイトでもさらに見る事が出来ます。

 

 

ジャガーキャットフードの公式サイトはこちら