ジャガーキャットフードの与える量|子猫に与える給餌量も

ジャガーキャットフードの与える量|子猫に与える給餌量も

ジャガーキャットフードの与える量はどれくらい? 

ジャガーキャットフードを購入されて、実際猫に与えていく(給餌量)が分からないと困ってしまいますよね

 

ジャガーキャットフード 給餌量

 

 

子猫や成猫・老猫と年齢に応じて与える量が変わってきますので、

 

愛猫がおデブちゃんにならないようしっかりと飼い主さんが与える量を管理していきましょう。

 

 

年齢別のジャガーキャットフードの与える量

 

猫の種類などに応じて体格の大小は変わってきますので、下記の給餌量を目安に始めて行きましょう。

 

 

↓子猫の場合

 

生後4週間〜2ケ月 25〜40g
2〜3ケ月 40〜50g
3〜4ケ月 50〜55g
4〜6ケ月 55〜60g
6〜10ケ月 60〜80g
10〜12ケ月 80〜110g

 

 

↓成猫(生後12ケ月以降)〜老猫の場合

 

〜2.5kg 30〜40g
2.5~3.5kg 40〜50g
3.5~5kg 50〜55g
5~6.5kg 55〜60g
6.5~8kg 65〜70g
8~10kg 70〜80g

 

 

 

↓(ジャガーキャットフードの公式サイトからの抜粋)

 

ジャガーキャットフード 餌の与える量

 

 

生後12ケ月未満の子猫に与える餌の量について

 

猫も人間と一緒で生まれてから徐々に成長していきます。

 

骨格や体の大きさなどが成長していく段階なので、成猫よりも多くの栄養を必要としています。

 

なので与える量は基本的に成猫よりも多めが正しい給餌量となっています。

 

 

 

子猫から始める場合、生後12ケ月以降から量を減らしていく

 

成猫になってからはは基本的に年齢ではなく体重に応じてジャガーキャットフードの与える量を決める形になります。

 

 

なので生後12ケ月までは与える量が多めですが、12ケ月以降は少しずつ量を減らして行き体重に合わせて調整するようにしていきましょう。

 

 

これを行なわないで子猫の内に与えていた量と同じだけいつまでも与えていくと、

 

カロリー計算がしっかりされたジャガーキャトフードと言えど太る原因にもなりかねません。

 

 

 

飼い猫をダイエットさせてスタイルをスマートにさせたい場合

 

 

飼っている猫が成猫〜老猫で太っている場合は、

 

基本的に上記給餌量の目安より5g〜10g量を減らして行きましょう

 

 

そしてここでもちょっとしたコツがあるのですが、普段与えている量からいきなり10g引いたりするのは得策とは言えません。

 

理由としましては、猫ちゃんも餌の量が足りないとストレスを覚えますし、

 

何より「もっと餌ちょうだ〜い」ってニャーニャー鳴いてきたりもします。

 

(猫は自己主張が強い動物ですからね^^)

 

 

なので最初は2〜3日おきに1gずつ量を減らして行き、

 

最終的にマイナス5g〜10gになるように日数をかけて行く様にしましょう。

 

 

ジャガーキャットフード 給餌量

 

 

そうする事で猫ちゃんもストレスを覚える事はなく、

 

最高品質のジャガーキャットフードで外見・中身ともに健康的な生活を送る事が出来ます。

 

 

ジャガーキャットフードの公式サイトはこちら